仙台 青葉区 二日町の歯医者、二日町歯科クリニックです。木町通、上杉、本町からも来院して頂いております。予防歯科についてご紹介いたします。

ご予約・お問い合わせは 022-302-5971 WEB診療予約はこちらから 携帯・スマホの方向け お電話でのご予約はこちらから

二日町歯科クリニック

診療時間 [平日]9:30~19:00 [土曜日]8:30~17:00 [休診日]水曜日・日曜日・祝日

予防歯科

予防歯科とは preventive dentistry

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

むし歯の原因「バイオフィルム」 biofilm

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

プロによる徹底的なクリーニング 「PMTC」 pmtc

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かないのです。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

歯ブラシの選び方に迷っている人へ! choice of toothbrush

歯ブラシの選び方に迷っていませんか?しっかり選んだつもりの歯ブラシでも、自分に合っていなければ逆効果です。歯や口の中を健康な状態に保つためには、歯ブラシを正しく選ぶことが大切です。

正しい歯ブラシを選ぶことの重要性

歯ブラシを選ぶ時、どんなことを基準にしていますか?

多くの人は硬さやサイズで選んでいるようですが、色やデザイン、値段で選ぶという人も少なくないと思います。

毎日使う歯ブラシは、自分に合ったものを選ぶことが何よりも大切です。合っていない歯ブラシで歯磨きを続けると、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

トラブル1. 磨き残しができる
お口の中や歯の状態、口や歯の大きさによってその人に最適な歯ブラシは異なります。自分に合わない歯ブラシを使用していると、磨き残しの原因になります。全体を磨くマルチな歯ブラシだけではなく、歯と歯のすきま用歯ブラシ、奥歯用歯ブラシなどいくつか用意するのもおススメです。
トラブル2.歯ぐきを痛める
磨いた実感が得られるからと、硬い歯ブラシでゴシゴシ磨くと歯ぐきを痛める原因になります。 歯ぐきが弱っている状態の人が、硬い歯ブラシで強く磨くとたくさんの傷がつきます。また、長年強いゴシゴシ磨きを続けることによって、歯のエナメル質が傷つき知覚過敏の原因になる場合もあります。
トラブル3. 歯周病の原因になる
自分に合わない歯ブラシを使っていると、プラーク(歯垢=細菌のかたまり)をうまく落とせず、歯周病の原因になります。歯磨きは自宅でできる唯一の歯周病予防のため、正しい歯ブラシ選びはとても大切です。

自分に合った歯ブラシの選び方 choice of toothbrush that suits

虫歯や歯周病を予防するためには、毎日のていねいな歯磨きが大切です。
その歯磨きの主役になる歯ブラシの選び方をご紹介します。

1.虫歯予防

虫歯予防や、現在虫歯でお悩みの方におすすめする一例です。

「ふつう」のかたさ
歯ブラシのかたさは「ふつう」が最適でしょう。毛が硬過ぎるものは歯ぐきやエナメル質を痛め、やわらかく細すぎるものはプラークをしっかりと落とせない場合があります。
ヘッドは「小さめ」
手前やサイドは磨きやすいのですが、奥歯は届きにくいのでヘッドが小さい歯ブラシがおすすめです。
毛先は「まっすぐ」
ギザギザの山型や毛先が細くなっているものがありますが、歯と歯の間に上手にフィットさせることは難しく、逆に磨き残しを作ることもあります。毛先はまっすぐに整っているものをおすすめします。

2.歯周病の予防や改善

歯肉炎や歯周病が原因で歯磨きの時に痛みを感じて、磨くのが嫌になってしまう方もいらっしゃいます。これ以上悪化しないように、しっかりケアしていきましょう。

かたさは「やわらかめ」
歯茎の腫れや出血、歯の根が出ていてしみる場合は、ソフトタッチのやわらかい歯ブラシにしましょう。
毛先は「細め」
歯周病の人は歯周ポケット(歯と歯ぐきのすきま)が広くなっていて歯垢がたまりやすい状態です。毛先は歯周ポケットまで届くように細めのものを選びましょう。

3.歯磨きが苦手な人へ電動歯ブラシ

じっくり歯を磨く時間がない、上手に磨く自信がない人におすすめなのが電動歯ブラシです。電動歯ブラシは大きく分けると3種類あります。

電動歯ブラシ
ブラシの振動でプラークを除去する歯ブラシです。丸いヘッドが回転するタイプ、手磨きの歯ブラシを高速にした往復タイプがあり、ブラシが複雑に動くものほど価格は高くなります。
音波ブラシ
音波振動の出る電動歯ブラシです。高速の水流を作り、やや深い部分のプラークまで除去する効果があります。
超音波歯ブラシ

一番効率よくプラークを除去できるのが超音波電動歯ブラシです。ヘッドから超音波を発生し、除去しにくい粘度の高い細菌もきれいに除去します。歯周病の改善にもなります。

※電動歯ブラシの効果を期待される方には、安価なものはおすすめしません。手磨きでは落としきれない細菌を落とし、最もプラーク除去率の高い超音波電動歯ブラシをおススメします。

歯ブラシの交換時期 time to change the toothbrush

歯ブラシの毛先が開いてきたら、交換のサインです。1カ月に1度を目安に交換してください。 毛先が開いていなくても、長期間使用していると毛先の弾力が衰えプラークを除去するパワーが落ちています。せっかく磨くのですから、効率よく磨けるように定期的に交換しましょう!

PAGE TOP